-1
archive,category,category-ma,category-188,stockholm-core-1.0.5,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-5.1.8,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,menu-animation-underline,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

M&A

天然ガス発電所(ラトビア)の一部取得および買収のアレンジ

ラトビア共和国のOgre市に位置するコージェネレーション(天然ガス)の発電所の買収に伴い、国内の投資会社含む資産管理会社などの投資家に対しての仲介・アレンジ業務を行いました。また、同時に当社パートナーにおいても投資家として株式の一部を取得予定となっております。

当施設は、隣接する自治体の暖房・温水供給施設に発電時の排熱を暖房エネルギーとして供給する特殊事情などもある事から、優位性のある運営を行っています。今後、さらなる収益改善を行って良き、利回り向上に努めてまいります。

「ラトビア共和国」について


ラトビアはEU加盟国ラトビアには世界に誇る高学歴の労働力がある。一人当たりの大学就学人口は世界最高水準。その文化的特性から外国語が日常的に話されている。ラトビア人の85%はロシア語を話し、40代以下の人口の70%は英語を話す。ドイツ語、北欧語も広く使われている。マルチリンガルな国の特色は外国企業の進出の要因にもなっている。安定した情勢や治安面、有利な税制、低税率の法人税制(一定条件を満たすと非課税)などにより、EU圏では持株会社の拠点として人気である。近年、世界各国からハブとして注目されている。諸外国から不動産・金融業への投資が盛んである。、今後、IT・金融業の重要な拠点になると考えられている。

  • GDP年間成長率:「7%」(2016年)
  • 国債信用格付け:
    Moody’s …格付:A3,見通し:安定的(2017 年7月
    S&P Global …格付:A-,見通し:ポジティブ
    (2017 年9月)
    Fitch …格付:A-,見通し:安定的(2017 年4月)
  • 持続可能な年金制度:「9位」

世界銀行の Doing Business 2013 「ビジネスしやすさ」ランキングでは、ラトビアは世界全体でも上位クラス。中東欧諸国の中でのランキングは最上位クラス。(参照元:三菱UFJリサーチForbesの「Best Countries for Business 2016」では、ラトビア25位(米国23位、日本37位)

東証2部「マーチャント・バンカーズ(株)」様へ「仮想通貨交換業(ANGOO Fintec(旧:CRYPTOFEX)社)」の株式譲渡

東証二部のマーチャント・バンカーズ(株)様およびアートポートインベスト(株)様へ当社代表パートナー(小平基臣)の保有株式を含むANGOO Fintec(旧:CRYPTOFEX)社の株式の譲渡を行います。また、他株主の株式譲渡における仲介業務、NASDAQ Baltic上場支援を行う予定となっております。

仮想通貨交換所への資本参加並びに運営に関するお知らせ


当社は、本日、ユーロ圏での営業ライセンスを保有する仮想通貨交換所「ANGOO Fintec(旧:CRYPTOFEX)」(クリプトフェックス)に資本参加するにつき、所有者との間で基本合意いたしましたので、お知らせいたします。

1.資本参加の目的・理由

「CRYPTOFEX)」は、
① 法定通貨(円、ドルやユーロなど)から仮想通貨への交換
② 仮想通貨から法定通貨への交換
③ 送金サービス(法定通貨も含む)
④ クレジットカードと連携した、「CRYPTOFEX」口座での、ショッピング等の代金の決済サービス(法定通貨も含む)
⑤ クレジットカードからの「CRYPTOFEX」口座への入金サービス

といった、多彩な金融サービスを提供することができます。なお、これらの金融サービスは、日本の資金決済法の適用を受けない範囲で行うものであります。上記①~③の金融サービスは、世界最高水準の厳格な金融規制とされる「MIFIDⅡ」に基づくライセンスにより行うもので、ユーロ圏において、20 カ国以上で、有効なライセンスであり、これらに加え、④並びに⑤を、クレジットカード会社との連携により、展開してまいります。

海外の多くの仮想通貨交換所は、法定通貨を入出金するライセンスを取得できていないため、仮想通貨から仮想通貨に交換するサービスしか提供できませんが、「CRYPTOFEX」は、法定通貨をベースにした、多彩な金融サービスを提供するためのライセンスを取得しております。当社資本参加後、サービス提供の開始に向けまして、特段、ライセンス上の制約等はなく、後述のとおり、2019 年 5 月中に事業を開始する予定であります。

当社は、この「CRYPTOFEX」につき、当社の大株主であり、株式や不動産への投資を行うアートポートインベスト株式会社と協議のうえ、アートポートインベスト株式会社並びに当社により、買収することといたしました。「CRYPTOFEX」は、取得済みのライセンスに基づいて新規に事業を立ち上げるものであり、創業から事業化までのリスクを限定するため、アートポートインベスト株式会社と協議のうえ、当社の出資比率は当初 15%とするとともに、その後の出資比率につきましては、協議の上、
決定させて頂きます。

また、アートポートインベスト株式会社と協議により、「CRYPTOFEX」の運営につきましては、仮想通貨交換所の運営についての知見を有する当社子会社MBKブロックチェーン株式会社で行うことといたしました。当社グループといたしましては、「CRYPTOFEX」の運営を請け負うことによる収益を、安定的に確保するとともに、創業リスクを出資比率 15%に限定したうえで、持分法適用関連会社として、あるいは配当として、持分に応じた収益を取り込むものであります。

今後、ユーロ圏 20 カ国以上をベースに、仮想通貨交換を中心に、法定通貨並びに仮想通貨による決済や送金といった金融サービスを展開してまいります。また、金融サービスを提供するパブリックカンパニーとして、事業開始時より、NASDAQ BALTIC への上場を準備してまいります。NASDAQ BALTIC への上場につきましては、時期等、決定いたしましたら、ご報告させて頂きます。

(参照元)マーチャントバンカーズ(株)平成31年3月11日プレスリリースより