18918
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-18918,stockholm-core-1.0.5,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-5.1.8,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,menu-animation-underline,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
会社情報

 

当社の付加価値

ビジネス・ソリューション(M&A含む)においては、”問題解決(最適化)”と”アイデア創造”を提供しています。当社はビジネスにおいて次の3つ「仕組み・仕掛け・ブランディング」を重視しており、当社の付加価値でもあります。

資産運用における基本的な考え方は、自分達で投資したいものを商品開発する。商品の中身をよく理解し、良さを伝えられる商品のみを扱いたいという思いがあるからです。合わせてコチラもご覧ください。

パートナー
ゴーシュ・オングシュマン (Angshuman Ghosh)

「新宿生まれ新宿育ちのインド人」98年に国際基督教大学教養学部を卒業し、ゴールドマン・サックス証券、リーマン・ブラザーズ証券に計9年勤務。また在学中から外務省の特殊言語(ベンガル語、英語、日本語)の通訳も務める。

ゴーシュ家はヨガの大家でもあり、ヨガナンダ(ムクンダ・ラル・ゴーシュ)は世界中のヨギーに知られています。

スティーブ・ジョブズが感銘を受けた著書にヨガナンダ氏の「あるヨギの自叙伝」があり、世界中の偉人に多くの精神的な影響を与え続けた人物です。ヨガナンダ氏、そしてその弟でビシュヌ・チャラン・ゴーシュ氏の兄弟が近代ヨガを世界中に普及させ、ビシュヌ・チャラン・ゴーシュ氏の孫がオングシュマンであります。ゴーシュ家は日本の検察庁、法務省にてヨガ教室を持ち、日本にヨガを伝えた事でも知られています。

現在は、代々の思想を基に現代にフィットしたヨガの在り方を提供するべくCGMにて完全個別対応のヨガおよび法人向けのヨガ・ソリューション事業を展開しています。CGMは台湾の財閥であるFEMCOグループの子会社でもあり、ゴルフのKBSシリーズ(シャフト)で知られているFemco Steel Technology(2019年12月上場予定)の役員も務めています。

経営コンサルティング事業としても、中小企業から上場企業まで幅広く顧客を持ち、海外進出支援、事業推進のサポートを行っています。

プライベートでは、長年「世界まる見えテレビ特捜部」のインド担当を行い、「日経BP」・「プレジデント」・「週刊ダイヤモンド」、三菱東京UFJの法人向けビジネスコラムやビジネスセミナーなども担当し、「インド新聞」の立ち上げも行いました。2011年に沖縄に移住し東京と行き来しています。最近はダーツに嵌っています。

(プロフィールに記載している実績や実務経験等はごく一部です。)

小平基臣(Motoomi Kodaira)

レーサムにて約7年勤務、不動産金融ビジネスと不動産投資コンサルティング(経営者・金融機関従事者・富裕層向け)・投資マーケティング業務に従事する。独立後、証券投資顧問会社(投資助言・代理業)を設立し、上場企業向けのIR支援、個人投資家向けの株式投資の売買助言を行う。当時、日本最大の投資ニュースメルマガ(会員数約4万人)の運営を行う(配信銘柄の90%以上が3か月以内に15%以上の値上がり)。その後、投資顧問会社の株式を国内証券会社に100%売却。エーアールティー株式会社(証券会社・第一種金融商品取引業:現アヴァトレード・ジャパン)を100%買収。フィンテック分野においては、コピートレード/ミラートレード/ソーシャル・トレードと呼ばれる金融プラットフォームにおける13項目のビジネスモデル特許(特開 2011-59923)を取得。イスラエル企業のAVAFX(証券会社)にエーアールティーの株式を95%売却(後に全株式を売却)し、AVATRADE ジャパンのCEOに就任し、日本国内におけるサービス・ローンチを行う。その後、3社の海外証券会社の立ち上げプロジェクトを請け負い、証券会社向けに各種金融ビジネス・ソリューションを導入しました。

 

(プロフィールに記載している実績や実務経験等はごく一部です。)